狭山丘陵の都立公園

東大和公園

東大和公園
東大和公園

多摩湖の南にあり、狭山丘陵では最も美しい雑木林の残る公園

昭和40年代後半に団地開発が計画された際に、多くの市民が東大和市とともにこの里山の自然を守りたいと東京都に働きかけ、都立最初の丘陵地公園として開園しました。それ以来、市民団体が長年、自然観察や植生の調査を行い、公園管理者と意見交換しながら雑木林の手入れに取り組むなど、多くの人の里山への思いによって守られています。東大和公園は、雑木林の自然や文化、市民の思いを伝え発展させる野外博物館となっています。園内は「かんじるエリア」、「まなびのエリア」、「はぐくむエリア」の3つに分けられており、それぞれに魅力のある雑木林の姿に出会うことができます。

INSTAGRAM

インスタグラム
公園の見どころ
季節ごとに色んな姿をみせる
公園の
草花や小動物などを
紹介します
  • 公園の見どころ
  • 公園の見どころ
  • 公園の見どころ
  • 公園の見どころ

EVENT

イベント情報

東大和公園

募集中
2024年10月5日(土)
東大和公園
初めて歓迎

ちょこっとボランティアin東大和公園

PARK MAP

園内マップ
東大和公園マップ
所在地
東京都東大和市湖畔3丁目、高木1丁目、狭山3丁目、奈良橋2丁目(地図
交 通
JR中央線「立川駅」から西武バス西武線東村山駅西口行き『塩釜神社』下車 徒歩10分
西武多摩湖線「武蔵大和駅」から徒歩 約15分
西武バス「立川駅北口行」から『塩釜神社前』下車 徒歩約5分
東大和市コミュニティバス「ちょこバス」内回り(約5分)※60分おきに運行
バス停『東大和公園入口』下車すぐ
駐車場
※ 駐車場がありませんのでご注意ください。
問合せ先
狭山公園パークセンター(管理所)
TEL 042–393–0154
(開館時間 8:30〜17:30、休館日は年末年始)

FACILITIES

施設
  • 森のあそび場(木製遊具)
  • ときどき池
  • 気持ちのよい雑木林

公園のルールを守ろう

公園はみんなの施設です
たのしく利用するために公園のルールをしっかり守って利用してください

リードは放さないでください。
犬のフンや毛はきちんとお持ち帰りください。
犬のおしっこは場所を選んでさせるようにしてください。

園内は歩行者優先です。自転車は安全運転でご走行ください。
園路を外れての走行は禁止です

園内へ車やバイクは乗り入れできません。

園内では釣りはできません。また、柵内への立ち入りも禁止です。

園内にゴミ箱はありません。ゴミのお持ち帰りにご協力ください。

動植物の採取はできません。また、外から持ち込んだ生き物を放してもいけません。

テント(日よけテント含む)やタープなどは使用できません。横断幕やのぼりも設置できません。

園内の生きものにエサをやってはいけません。

花火、コンロなど火の使用はできません。たばこは携帯灰皿を使い、他の方の迷惑にならないようにお願いします。

ゴルフやバットを使った野球など、他の方に危険な行為はご遠慮ください。

ラジコンやドローンなどは使用できません。

公園の場所を一定の時間占用する撮影を希望される方は管理所までご連絡ください。

Q & A

よくある質問

野山北・六道山公園は「里山」と呼ばれています。「里山」について教えてください。

「里山」とは、もともと人里近くにあってマキや堆肥用の落ち葉をとったり、また、キノコや山菜をとるために管理されていた森や林のことです。しかし、最近では、森や林だけではなく、田んぼ、小川、ため池、畑、草地、集落などを含む農村の自然環境を意味する言葉として使われています。「里山」では農作業や屋根の葺き替え、季節ごとの祭事を共同で行うなど、地域の人々が協力しあって暮らしていました。

なぜ「里山」の手入れが必要なのですか?

里山の自然は、人の手が入ることで維持されてきた自然です。放置すると荒れてしまい、生物多様性の低下、景観の悪化につながります。里山にあった伝統文化も衰退してしまいます。

「里山」の保全活動とは、昔の暮らしに戻ることなのでしょうか。

現代に生きる私たちが、活動を通して里山にある智慧と技術を学び、人と自然、人と人とが共に暮らすための新しいライフスタイルを見出し実践する力をつけることを目的としています。

公園ボランティアの楽しみについて教えてください。

自然に手を入れることで、動植物の種類が増えたり、収穫物を得られること。そしてそのような結果をわかちあう仲間があり、来園者が楽しむ姿に接することは、大きな喜びです。

親子で参加することはできますか。

はい、ぜひご参加ください。ただし、小学生以下のお子さんの場合は、保護者が責任を持って安全に留意してください。

道具は自分で持ってくるのですか?

活動に必要な道具は、公園でお貸しします。手入れをしてお返しください。軍手、田んぼ足袋など身に着けるものについては、ご自分でご用意ください。

事情があって、あまり参加できないかもしれません。登録してもよいでしょうか?

ぜひご登録ください。公園を愛する気持ちがあれば、参加回数に関わらず、あなたも大切な公園ボランティアの一員です。

怪我などをした場合はどうしたらよいでしょうか。

ボランティアルームと事務所に救急箱がありますので、ご利用ください。病院へ行く必要がある怪我の場合はスタッフにお申し出ください。ボランティア保険(またはイベント保険)の範囲で補償いたします。団体の方は、別途ご相談ください。(事務所にはAEDも備え付けてあります)

狭山丘陵パートナーズとはどういう組織なのですか?

東京都の指定管理者として、狭山丘陵の6つの都立公園を管理運営する団体です。公園を、人々の交流や環境教育の場として広く活用いただくための事業を進めています。以下の団体で構成されています。<西武造園株式会社、NPO法人NPO birth(バース)、ミズノスポーツサービス株式会社、一般社団法人防災教育普及協会>